保育士求人にはどんな種類のものがあるのか

人をサポートする仕事がしたい、子供に関わる仕事がしたい、保育士はそういった希望を持つ人にぴったりな職業です。

保育士や病院保育士の募集は保育所をはじめ、児童施設や民間企業また病院などで広く募集されています。

どの求人も子供に関わり、身の回りの世話や心身の成長を近くでサポートする役割を果たすという面では同じですが、募集されている保育士求人の種類によって働く環境や給料、待遇などはそれぞれ大きく異なってくるものです。

そのため、まずそれぞれの保育士求人の特徴を知り将来の働き方までよく考えた上で就職場所を決めることが大切です。

例えば、保育所で働く保育士であっても公立と私立、認可保育所と認可外保育所ではいくつかの違いがあるのです。

国の定めた基準を満たし、更に市区町村から支援を受けている公立の認可保育所で働く場合には、保育士であるとともに公務員でもあります。

そのため、公立の認可保育所の保育士になるには公務員試験を受け、その後採用される必要があります。

また公立の場合は、私立と違い他の施設への異動があるのも特徴です。

給料に関しても一般的には、公立の方が安定していると言われています。

認可外保育所は、無認可とも言われ国の基準を満たしておらず、人手不足であるところが多いため保育士求人も多く見られます。

一方、公立の認可保育所の保育士求人は求人自体が他と比べると少なく、倍率も高めです。

保育所だけとってみてもこれだけの違いがあるのです。

最近では民間企業からの保育士求人も増えており、この場合従業員の子供を対象にした保育、または客の子供を対象にした保育を担うようになります。

民間企業の場合は、給与や勤務時間もそれぞれ独自に決められているため、それだけ企業によって違いが見られるという事になります。

その他にも、病棟保育士といって病院へ入院している子ども達に関わるといった求人も見られます。

このように、保育士は保育所以外にもたくさんの働き場所があるのです。

今までは保育士と言えば、女性というイメージがあったものです。

今でも女性保育士の方が多いものの、男性保育士の姿も見られるようになってきました。

特に、3歳以上の活発な子ども達にとって男性保育士との触れ合いは良い影響を与え、男性だから出来る保育を行えるとして各施設で男性保育士の求人需要が高まっています。

どんな保育士求人に応募するのかによって、勤務時間は大きく異なるためその点も考慮するべきです。

こうしたことを考慮して、自分にあった求人を探す事で保育士として長く働く事の出来る職場に出会うことが出来るでしょう。

コメントは受け付けていません。