パニック障害を疑ったら早めの治療を

私の知り合いが、数年前までパニック障害と闘っていました。

新幹線に1人で乗っていたときに急に発作が起きてから、1人で乗り物に乗ることが出来なくなってしまい、日常生活にもかなり影響が出ていたとのことです。

発作が出たときの眩暈と吐き気は尋常ではなかったらしく、本当に大変だったと笑いながら話してくれました。

今でこそ笑って話してくれていますが、当時のことを考えると、今のような状況が奇跡なのかもしれないと思いました。

パニック障害は確実に以前よりもメジャーになってはいますが、理解がない人もいるというのが事実です。

身近な人がなれば信じざるを得ないのかもしれませんが、知らないことって罪だなと感じます。

ちゃんと病院で適切な治療を受ければ知り合いのように治るので、パニック障害だと信じたくないと思わずに、早めの治療をお勧めします。

コメントは受け付けていません。