就職して辛いのは人間関係

就職をすると、いろいろなことについて悩むことが多くなります。まず新人の時には、右も左もわからず仕事をすることになり、そのことでかなりのストレスを抱えることになります。そのストレスは、自分が叱られてしまったという、自分をせめてしまうストレスになります。それはとても危険なことなのです。自分の自信をなくしてしまうと、どんどんドツボに陥ってしまいます。そのドツボを抜け出すことが出来るのは、鈍感力なのです。
鈍感になることは、とても重要です。特に就職をして人間関係で悩むことが多くなるのですが、そのことについていつも悩んでいると仕事をすることができなくなります。そのため、鈍感になることが大事ということです。いろいろなことがあったとしても、それを乗り切るのは考えすぎない鈍感な自分になることも大事ではないでしょうか。そんな自分で人間関係を乗り切りましょう。

コメントは受け付けていません。