最近若者に人気のハイヤードライバー

最近、若者の就職先としてハイヤーのドライバーを選択する方が増加していることをご存じでしょうか。

ハイヤーのドライバーの平均年齢は57・58歳ですが、定年は他の業種とあまり変わらず60~65歳。
最近では運転免許自主返納の影響もあり、ある程度の年齢に達すると辞めてしまうドライバーも増えてきています。

単純に高齢化の影響により人手不足の状態になっています。

そんなハイヤー業界に魅力を感じた若者の考えは、勤務形態が安定している点です。就職先を探す際、話題となるブラック企業。
最近の若者は、ブラック企業を一番嫌います。わざわざ嫌な思いをして給料を得ようという若者はほとんどいません。
決められた時間に安定して働ける職場。そしてそれなりの給料。となるとハイヤーのドライバーは若者のライフバランスにピッタリの仕事となります。

基本的には、第一種普通免許を取得していれば就職でき、就職後、第二種普通免許を取得することでドライバーになれます。
つまりドライバーになること自体は、そこまで難しくなく、その気になれば月給50万円っていうのも夢ではない仕事です。

そんな現代の若者の考えにマッチしたハイヤーのドライバーは、新しい人気の職種になるかもしれません。

コメントは受け付けていません。