問題は値段だけではない

オバマ大統領はTPPが妥結すると、アメリカの車が売れるようになると考えているようですね。

仮にTPPが妥結したとしても、ほとんどの日本人はアメ車なるものを、買う方向には向かわないと思っているでしょうけど、なぜそれがわからないのですかね。そもそもアメ車というと、でかい、大排気量のエンジンがついていて燃費が悪い、手荒に扱っても動き続けるみたいなイメージではないでしょうか。ほぼちょっと昔のドラマの影響によるところが大きいのでしょうが、そういったイメージを払拭するところから始めたほうがいいのではないでしょうか。

これから先、成長著しいアジアの市場を重視すると言うのならば、まず客を見ることから考えたほうがいいのではないでしょうか。とりあえず売れるようにして後は野となれ山となれでは、結局損をすることになってしまうと思いますね。

コメントは受け付けていません。