モノとしての写真を持たなくなったこと

世の中はとても便利になりました。スマートフォンがあれば、いつでもどこでも写真を撮ることができます。私もよくスマートフォンで写真撮影を行います。そこで最近思っているのが、モノとしての写真を持たなくなったということです。データとしての写真はたくさんありますが、昔ながらの写真はほとんど持たなくなってしまったのです。

時間と手間がかかるのに加え、場所も取るので少し不便な気もしますが、モノとしての写真にはそれにしかない魅力がありました。私が子どもの頃は、インスタントカメラなどで写真を撮り、写真屋さんに現像をお願いしていました。写真が出来上がるまでドキドキしながら待っていたことを今でもよく覚えています。私は今後もモノとしての写真を持つことはないと思いますが、それの良さだけは忘れないようにしたいと思います。そして、その良さを下の世代に伝えていきたいと思います。

コメントは受け付けていません。