自家製のお酒の披露

うちの夫は山の探索がとても好きなタイプです。

よくわらび取りなど一人で行くのですが、私はどうも一緒に行く気持ちになれません。

それでも一人で気晴らしに行っているようなのですが、不思議な木の根っこを掘ったりした物や、木の実でお酒を作ったりしています。

そうこうして作ったお酒の種類も4種類くらいになるでしょうか?

そして友達を呼んでそのお酒を披露するのが楽しみなようです。

それはそれでいいのですが、お陰で私がとても忙しい事になっています。

週に1度くらいはそうやって、友達を呼んできてお酒を飲むのですが、お酒だけ飲んでいるわけでなくおつまみも必要になります。

簡単なピーナツなどのビールのおつまみと違ってお酒のおつまみは結構面倒な感じです。

お陰さまと言っていいのでしょうか?

いつも家にはおつまみを作る材料がそろえらえていて、まるで私は料亭のおかみさんのようになって

そういうたぐいの料理を作るのが上手になりました。

コメントは受け付けていません。