投資・税金問題は発生するけど、実は環境によい太陽光発電!

近年、地球温暖化が問題となっている日本。

原因は二酸化炭素の排出量。

私たちが二酸化炭素の排出量をコントロールするためには、「太陽光発電」のクリーンなエネルギーが必要になってきます。

太陽光発電は主に住宅の屋根の上に設置されています。

住宅の屋根に設置するだけで、二酸化炭素の排出量をコントロールできます。

しかし投資問題もあります。

投資にもメリットとデメリットはあり、
メリットは「売電価格が国の法律で決まっている」

デメリットは「出力抑制」

とメリットもデメリットもある太陽光発電ですが、実は太陽光発電は近年注目され始めています。

ですが、太陽光発電にも税金があります。

① 所得税

② 住民税

③ 償却資産税

と3種類の税金が発生します。

例外として、発電した太陽光発電の電気を電力会社に買い取ってもらった場合は、所得税が発生します。

太陽光発電を住宅の屋根に設置するには、投資や税金が発生します。
ですがメリットもあり、二酸化炭素の排出量をコントロールしてクリーンなエネルギーを排出すれば環境がよくなります。

コメントは受け付けていません。