動物のサイってまるで戦車のような動物でビックリ

横浜市が経営している3大動物園の一つに金沢動物園があります。この動物園は、他の動物園と違って、希少種の動物ばかりをかっているそうです。最初に、金沢動物園に行くときに、この情報を仕入れていたのですが、動物園についた途端に、忘れてしまい、サイの動物を見て初めて、なるほど、サイという動物は、他の動物園では見たことが無いということに、気が付きました。サイを見た瞬間の印象は、まさしく、鉄の鎧をまとっているように見え、まるで、じっとしていると戦車のような凄さがありました。もう、なんと表現して良いか分からないくらいビックリでした。

大きさも巨体で、はるかに像を凌ぐかと思えるほどでした。実際は、像に比較してみると像ほどの大きさはありませんが、なんといっても、ごつごつした感じとおしり付近は、厚手の鉄の鋼板でできているみたいで、全長もかなり長いことから、像より大きいと思ってしまうような気がしました。殆ど、サイ自身は動くこともなく、じっとしていました。じっとしているとまるで、戦車が止まっているようにみえます。ときたま、動くときには、戦車が近づいてくるようで、このサイが野生で遭遇したら、きっと、足がすくんでしまって、身動きが取れなくなるような気がしました。百聞は一見に如かずとは、まさに、このことをいうのだと思います。多分、動物図鑑やテレビで放映されていても、これ程の実感はわかないのではないかと思います。それ程、巨大で圧巻されるサイでした。オスとメスの両方がいましたが、オスが多少大きいようです。しかし、オスもメスも迫力にはことかかないと思います。

 

コメントは受け付けていません。