YouTubeってなんかありがたい!

フィギュアスケートの羽生結弦選手がショートプログラムで使用していた曲、ショパンの「バラード第1番」。いい曲ですよね。

久々にYouTubeで羽生選手の演技を見ていたら、フルバージョンで聴きたくなりました。CD買っちゃおうかなと思ったのですが、クラシックって同じ曲をいろいろなアーティストが演奏しているので迷ってしまいました。「そうだ!まずYouTubeで聴いてみよう」と考え検索してみたところ、すっごいたくさんの演奏がアップされていました。音質はいまひとつかもしれないけれど、これだけたくさんの演奏をパソコン一つで聴き比べられるなんて、なんかありがたいなぁと感じました。昔だったらCD買ってからの聴き比べでしょ?何万円かかっちゃうの?という感じです。

いろいろ聴いているうちに、「そもそも羽生選手の音源は誰?」という疑問が湧いてきました。ネットで検索してみたら、ちゃんと調べた人がいるんですねぇ。すぐわかりました。ツィメルマンというピアニストでした。どのアルバムに収録されているかまでわかりました。

でも、聴き比べが楽しくなってしまったので、そのCDには決めず、結局何時間もいろいろな演奏を聴き続けてしまいました。

同じピアニストの演奏でも何回も聴いていると印象が変わってきて、最初は違和感を感じた演奏が一番聴きたい演奏になっていたりするのが不思議ですね。

結局ランランというピアニストに決め、CDを買おうとしたら、なんとCDは発売されていませんでした!

今はYouTubeで繰り返しその演奏を楽しんでいます。YouTubeありがとう!

 

 

コメントは受け付けていません。