B型肝炎の給付金を受けるために必要なこと

みなさんもB型肝炎訴訟の問題はご存知の方も多いと思います。過去に防接種を受けた方が集団でB型肝炎に感染してしまったという問題は多くの方がご存知かと思います。

そして、この問題で多くの方が長い間苦しんできたという歴史があります。

これは過去に予防接種を集団で受けた時に注射器を使いまわした事が原因で起きたものです。そのために幼少期に受けた予防接種のせいでB型肝炎に感染してしまった人を

多数出してしまったという経緯があります。そして、この集団予防接種が原因でB型肝炎に感染したと身られる人達が国に対して損害賠償を求めて集団訴訟を起こしました。

この訴訟で裁判所の仲裁で和解協議の結果平成23年になって国と原告との間で基本的な合意が締結されました。

そして、今後B型肝炎の問題で国に提訴する人への対応も含めた全体の解決を図るために平成24年から特定B型肝炎ウイルス感染者の給付金等の支給に関する特別措置法が施行されました。これによってB型肝炎の弁護士訴訟と和解が成立した人に対して法に基づく給付金が支払われるようになりました。

ですが、いざこの給付金を受けようと思った時は前述の通り訴訟を起こす必要があります。ですから、B型肝炎に感染した方が自分ひとりの力だけで

この給付金を受けるのは困難です。それはどうしてかというと、いざ訴訟を起こそうと思った時は裁判に必要になる資料を集める必要があるからです。

そういう事は裁判に詳しくない素人には難しくてどうしたら良いか分からないものです。そこで頼りになるのが弁護士というわけです。

確かに弁護士にB型肝炎訴訟を任せればその分費用が必要になってきます。

ですが、B型肝炎の給付金を受けようと思った時は訴訟を起こさないと受け取れないので弁護士費用を惜しんで自分の力だけで

動くのは時間と労力の無駄になります。確かに訴訟自体は弁護士がいなくても起こせますが、素人がB型肝炎訴訟で実際に

集団予防接種が原因でB型肝炎に感染したかどうかを証明するのは困難です。

ですから、これからB型肝炎訴訟を検討している方は弁護士費用をケチらずにまずは弁護士に相談される事をおすすめします。

それで具体的にどういう手続きが必要になってくるかも分かるので実際に弁護士に任せるかどうかは別として相談する価値はかなりあります。

なので、B型肝炎訴訟を検討しているならまずは弁護士に相談するのがベストです。

コメントは受け付けていません。