歯の白うするホワイトニングとは

歯の黄ばみ、色素沈着などで悩んでいる方は多いと思います。なぜ、歯が黄ばんでしまったり、色素沈着といった汚れがついたりするのかは、加齢、遺伝、汚れが大きな要因です。加齢は、歯の表面の透明度の高いエナメル質でできており、その下の黄褐色の象牙質が年齢とともに色が濃くなり、エナメル質えを透過して黄ばんで見えるのです。遺伝は、毛髪、皮膚の色とあるように、歯にも色があるのです。汚れは、日々の食事が影響しています。。コーヒー、紅茶、カレーといった色が付く食事は長年の年月をかけて歯内部に浸透して色を変えていきます。

歯のホワイトニングとは、普通の歯のクリーニングで落ちない汚れを、歯を削ることなく白くすることです。加齢、遺伝、内部にまで浸透して変色した歯は、ホワイトニングで白くすることができるのです。

ホワイトニングのメカニズムとは、歯の表面に過酸化物をメインとした薬品を塗り、熱や光で歯の黄ばみを分解して歯を白くしていくます。自然の歯を白くするので、本来の歯の色が基準となるのです。希望の歯の色には近づけますが、黄色味が強い歯など、もしくは遺伝の状態によっては、ホワイトニングの効果が異なります。ただ、確実に歯は白くはなります。

そしてホワイトニングは、一回白くしたからずっと歯が白く維持できるわけではありません。食事等でまた歯が汚れたりするからです。歯の白さを維持するには定期的なメンテナンスが必要となります。

歯の色さは、若さ、知性、清潔感といった印象を与えるものです。若さを保つアンチエイジングとして、歯の色を少し明るくするだけでも印象が変わると思います。

コメントは受け付けていません。