病気になったことで、もう一度ピアノに触れる時間が増えた

先日、突然病気になり仕事を休むはめになりました。ただひたすら安静に…

しばらくはしんどくて寝ていることが多かったのですが、薬がききはじめてくると、少し起き上がれたり痛みから解放されたり。

そこで20才までやっていたピアノをリハビリのつもりではじめました。

社会人になってからはほとんど触ることがなかったので技術もガタ落ち…でも弾いていると気持ちが癒されるのです。

病気は完治するものではなかったので、精神的な落ち込みも激しい中、ピアノを弾くと楽しい気持ちになるのです。

指の変形や骨の破壊という症状が出るため、もう弾けないと思っていたのですが、病状よりも精神的に落ち込みが激しかったので、最初は弾くことなど考えもしませんでしたが、電子ピアノなら大丈夫。

長時間はしんどいし、普通のピアノだとダメかもしれないけれど、今の私にとって電子ピアノであろうと弾けること、そしてそれで癒されること、楽しいと思う気持ちは前向きになれ、休んでいた仕事にも戻りつつあります。

音楽の力ってすごいなって思いました。

仕事に完全復帰できたら、逆に弾く時間はなくなるかもしれないけど、長くつきあっていこうと再確認しています。

コメントは受け付けていません。