相続放棄をしたほうがよい場合もあります

相続というと、ほとんどの人が、遺産などが手に入ることを想像するでしょう。しかし、実際には、マイナスの部分を相続することになる場合もあるのです。たとえば、亡くなった親が借金をしていたということもあります。この場合には、残された借金については、相続人が支払うことになります。しかし、それができる人は少ないでしょう。したがって、残された借金の支払いを免れるためには、相続放棄をすることが必要になるのです。

親が借金をしている場合、その金額がかなり多くなることもあります。たとえば、親が自営業などをしていると、一千万円の単位であることも多いのです。このような金額になると、ほとんどの人は返済できません。

さて、相続放棄をおこなった場合、代襲相続のことを心配する人もいるでしょう。たとえば、自分が相続放棄をおこなうと、自分の子どもに相続権がわたってしまい、子どもが困ることもあるという可能性です。しかし、代襲相続というものは、相続放棄をおこなった場合には発生しません。この点では、心配する必要はないのです。

借金を抱えたまま亡くなる人は、現実として数多く存在するのです。また、親などの借金について、生前に気づいていないこともあります。たとえば、亡くなってから、借金の存在を知ることも多いのです。したがって、相続の手続きをおこなう場合には、まず、借金などの負債がないかどうか調べてみることから始めるべきなのです。そして、借金などがないことを確認してから、遺産などを分けることを始めるべきなのです。

また、今では、先物取引や株式投資、そしてFX取引などをおこなっている人も多いです。そして、これらの取引で損失を抱えたまま亡くなっていく人もいるのです。このようなケースでも、金額によっては相続放棄をおこなったほうがよいこともあるのです。

特に、先物取引やFX取引などでは、損失金額が多額になっていることも考えられます。そして、それらについては、相続人で支払いきれないケースも多いのです。親などが亡くなった場合には、このような可能性も考えたほうがいいでしょう。

相続放棄をおこなうことになる可能性は、どんな人にもあり得ることだと考えておいた方がいいのです。

参考URL:http://souzoku.office-genesis.com/

コメントは受け付けていません。