自己破産を弁護士に依頼するメリットとは?

自己破産(http://beyondbelief2006.org/)をしたいと考えたとき、一番多いのは弁護士に依頼する方法ではないでしょうか。

しかし、弁護士に依頼する場合はもちろん弁護士費用がかかります。一般的な平均ですが、自己破産の場合の弁護士費用は約30万円前後が相場です。

さらに、破産の申し立て内容により審議が必要だと裁判所が判断した場合は、管財事件に発展します(例えば、借金をした理由に問題がある場合や、破産希望者が不動産などの財産を所持している場合がこれにあたります)。この場合、さらに20万円ほどのお金もかかってくることとなります。

借金をなくしたい、お金に困っている、そんな状況で自己破産を考えているのに、このような金額がかかると聞くと尻込みしてしまうかもしれません。

実は、自己破産の手続きというのは、個人でできないわけではありません。

しかし、弁護士に依頼することで、大きなメリットがあるのです。弁護士費用はかかりますが、弁護士に依頼するのがおすすめです。

では、弁護士に依頼するメリットとは何なのでしょうか?

一番のメリットは、手続きがスムーズに進むことです。

自己破産の申し立ては、想像以上に煩雑です。

まず、申し立てるにあたっては、自分が申し立てる際の管轄の裁判所はどこなのか調べる必要があります。

その裁判所が定めた書式に従って、自己破産の申立書の作成を進めなくてはいけません(裁判所ごとに書式が微妙に異なります)。

また、申立書の中の債権者一覧表を作るにあたって、借金をしている先の債権者に連絡をして取引履歴を取り寄せる必要があります。取引履歴の情報をもとに、正確な情報を債権者一覧表に記入しなくてはならないからです。

さらに、自分が所有している財産について、財産目録にまとめなくてはなりません。持っている財産によって、添付の必要がある資料も異なってくるので、財産目録にあわせて正しい資料を用意し、裁判所に提出します。

ここまで書いても、いかに自己破産の申し立て準備が複雑で煩わしいものかご理解いただけることでしょう。

これを、慣れていない素人が行おうとすると、かなり手間取ることは確実です。

また、裁判所は申し立て内容について細かい箇所まで厳しくチェックし追及します。なので、申し立て内容の正確さも求められますが、素人による申立の場合は正確な準備をすることもなかなか難しいでしょう。

しかし、弁護士は破産申し立ての手続きに慣れています。よって、弁護士に依頼することにより、正確な手続きをスムーズに進めることができるのです。

確かに弁護士に依頼すれば弁護士費用はかかってしまいますが、弁護士に依頼するメリットも大きいというのがおわかりいただけたかと思います。

コメントは受け付けていません。