DVDコピーとDVDダビングの仕事

DVDが普及してから久しいのですが、家庭ではほとんど録画というとDVDです。

また、ダビング機能も充実してきますし、コピーも難しくはありません。

最近では、専用デッキでなくても、パソコンでもコピーができる時代です。

用途としては、映画やアニメ、音楽等のTV番組の録画することは元より、自分で撮影した動画をDVDにコピーするということも簡単にできてしまいます。

最近では、子供の卒業記念のイベントや運動会も自主編集してダビングやコピーをして、自分の家族だけでなく実家の祖父母に送りさることもできて楽しみがとても増えています。

一方で、ビジネスの世界でも、DVDコピーとDVDダビングの仕事は今でも尽きることはありません。

それは動画コンテンツの利用が当たり前になってきまからです。

企業のオフィスに目を移すと各社員にパソコンが与えられています。

これらのパソコンはメールによる連絡や資料作成の他に、メディアの視聴も加納になっています。

メディアとはDVDも含まれますが、これらのメディアの中に資料やプレゼンテーション内容が動画で収められていることが少なくありません。

このようなDVDの使われ方が少なくないのです。

したがって、大量にDVDコピーとDVDダビングを行い、一つのメディア制作物を作る仕事を専門としている業者もビデオデッキの時代から存在するのですが、今でもニーズが尽きることがないのです。

個人で作ることも可能ですが、仕上がりレベルの高さ、物量を考えると、まだまだ彼らの仕事は貴重な仕事といえるでしょう。

コメントは受け付けていません。