不思議な南の島バリ島

先週バリ島に行ってきました。実はこれでバリ島へ行ったのは11回目、どうして私はこんなにバリ島が好きなのだろう、、と考えてみました。初めて行ったのは13年前の新婚旅行。東京から旅立ってバリのデンパサール空港に降り立った瞬間に何か空気が違うと感じました。

まずはもちろん南国の暑さ、そして緑が多くて、空がスカイブルー。そして人々の笑顔、純粋な目、とても親切、そんな一つ一つが心地よくて日本で忘れかけてた何かを学べるようなそんな気がした初のバリ旅行でした。

バリというとビーチ。でも私が好きなのはウブドという森の街。

ライステラスが広がっていて、住人がゆったりと暮らしている。

私のウブドでの過ごし方はライステラスの真ん中にあるオーガニックカフェでゆっくりと

陽だまりの午後を過ごすことです。

日本での雑事や忙しさを嘘のように忘れさせてくれるバリ島の町ウブドに毎年、やっぱり戻ってきてしまうのです。初のバリ旅行から13年経った今でも旅行先はここと決めている理由はやっぱりバリが不思議な魅力を持った島だからに違いないっと確信しています。

きっと来年もそして再来年も10年先も不思議な南の島バリ島に来たいと思ってウブドを後にしました。

コメントは受け付けていません。