痛風の辛さを改善するには

痛風は急に足の関節が痛くなったり腫れたりする病気です。尿酸値が高くなり、主に下半身に症状がでることが多いです。

男性に多い病気ですが、若い男性や女性もなることがあります。

症状が出るまでかかっていても気付かないことが多く、症状がでて初めて気付く人も多いそうです。

どういう人がかかりやすいのかというと、男性で30代から60代の人が一番かかりやすく、女性は、女性ホルモンが減少する閉経後にかかりやすいです。

そして、高たんぱくで高脂質の食事をよくとっている人、プリン体を多く含むアルコール類を大量に摂取する人、極度のストレスを抱えている人、過度の運動をしている人もかかりやすいです。

かかっていても気付きにくい痛風ですが、痛風の初期症状もあります。

まず、関節の痛みがあり、患部が腫れることがあります。この痛みはしばらく続き、足の指の関節が変形する場合もあります。

しかし、この痛みや腫れは数日たつと徐々に弱まり、痛みが消えてしまいます。なので、初期症状を見逃す人も多く症状を悪化させてしまいます。

けれど、次第に痛みが強くなり間隔が狭まっていき腫れもひどくなるので痛風だと気付くようになります。

痛風は食事療法で改善されます。

痛風の食事療法としてまず、痛風の原因となる脂質や糖、塩分、魚介類、レバー類、アルコールなど、プリン体を多く含んでいる食品を減らすことです。

そして、根菜類、海藻類、野菜、イモ類、果物などといったアルカリ度が高い尿酸値を減らす食品や、水分を積極的に摂取し、規則正しく、そしてバランスよく食事をとることが大事です。

こういったことに気を付けると、痛風の改善に繋がっていきます。

コメントは受け付けていません。