有料ソフトよりフリーソフトの方が優秀なのかも

グーグルクロームに標準搭されている音声認識アプリ・ボイスノート2のフォントが小さくてか見づらかったったので少し大きくしてみました。

すると当たり前ですがかなり見やすくなり使いやすくなりました。 現在無料音声認識アプリのボイスノート2と格闘中なのですがこの程度であれば、タブレットで使用中のSWYPE キーボードに搭載されているドラゴンスピーチを使って入力した方がまだ早いのは火を見るより明らかだと思うのですが、なぜかこのアプリから離れられないのは私の好奇心のなせる技なのでしょう。

ただフォントサイズの変更しかしてない状態なのにこうしてスムーズに使えるのをみると先日購入したにもかかわらずほったらかし状態のままの有名音声認識ソフト・アミボイスにはもう戻りたくないという思いに相当傾斜してしまってる自分が意識されます。それにしてもwin10だとなぜにこうもスムーズに動くのでしょうか?

ボイスノート2は以前win7でも試したことがあることを思い出しましたがその時はさっぱりでした。

コメントは受け付けていません。