名前の問題では絶対にないです

民主党の支持率の凋落っぷりが、前回圧倒的な得票で政権政党となったとは思えないレベルで甚だしいです。

これは政権の座にあったときのありとあらゆる所業とそれがもたらした結果によるものであって、

決して「何となくイメージが悪い」程度のものではありません。

有権者の記憶が薄れるには、あまりにも時間が短すぎます。

しかも民主党の顔ぶれは今でもテレビや報道で見る機会が多く、そのたびに記憶が強化されるのです。

しかし民主党は事の本質を理解していないのか、

「イメージを刷新するために政党名を新しくする」という事を検討している模様です。

すでに新党名の案もいくつか出てきているみたいですが・・・。

未だ理解出来ていないんですかね。

我々有権者は民主党が民主党である限り支持はしないし、

それは「民主党」という名前の問題では決してないんですよ?

どうすれば彼らを信頼出来るようになるのか、こっちが教えてほしいぐらいです。

コメントは受け付けていません。