五十年前の梅干はロマンがある

私は五十年前に作られた梅干が売られているのを、見たことがあります。しかも見ただけではなくそれを何粒か購入して食べたこともあるのです。その梅干の味は普通の梅干よりも乾いていて、塩分を強く感じました。

おもしろいことにスーパーマーケットなどで普通に売られている梅干には賞味期限があります。スーパーマーケット売られている梅干と梅干専門店で売られていた50年前の梅干は同じ梅干でも製造方法が違うので、一方は賞味期限があり、もう一方は賞味期限が記載されていないようです。

久しぶりにその梅干を今日食べてみました。肝心お味は、塩が枯れてマイルドな味のような気がいました。

妻はわが家で漬けた十数年物の梅干と味はあまり変わらないと言っていました。私もそう言われると何だかそんな気がしてきました。でも、五十年前の梅干はロマンを感じました。

コメントは受け付けていません。