クライアントソフトのなんやかんや

電子書籍を読むための端末にKindleというのがあり、そのKindle用コンテンツを

パソコンで読めるKindle for PCというクライアントソフトもアマゾンから無料で提供されているのですが、

なぜかその日本語版のリリ-スは他言語用から大幅に遅れようやく登場したと言う経緯があります。

で、この度そのKindle for PCというのをインストールし、初めて電子書籍というのを

買って読んでみる事にしました。

上下巻合わせて500円いかないぐらいのとある安価な小説に興味を引かれ、

それがKindleでの配信オンリーだったからです。

内容については触れないで置きますが、ソフト自体の使いやすさはまあまあではないでしょうか。

ただ、購入がアマゾンポイントかクレジットカードじゃないとできないのはちょっと不満ですね。

それとは別に、Windows用のitunesクライアントも色々あってインストールしています。

こっちは、何と言うか使いにくいです。

Apple用のものを移植したため妙な引っ掛かりがあるのかわかりませんが、そこはまだ我慢できるんですね。

しかし、クレジットカードが使えない状態でitunesギフトをうっかりアカウントにチャージしてしまうと、

なんかそのままでは支払いができないと言う大変な事態に。

われながら、取りとめもないなあ・・・。

 

それはさておき、今日はちょっといい記事を発見したので。

http://t7ke3a3.da-te.jp/e947383.html

なかなか興味深い記事ですね。東京はやっぱり刺激的なのか?

コメントは受け付けていません。